『真野恵里菜』が吐露した本音とは!?

Sponsored Link

 
 9月5日、都内で行われた映画「映画みんな!エスパーだよ!」(園子温監督)公開記念舞台あいさつが行われた。主演の染谷将太、他に真野恵里菜、池田エライザ、マキタスポーツ、監督の園子音らが出席した。その席で真野恵里菜はこれまでの心境を語った。
 
manoe  
 TVドラマから浅見紗英役を演じてきた真野は「2年前に「ハロー!プロジェクト」を卒業して初めていただいたお仕事で、自分的にもすごく気合いが入っていた。でも、ふたを開けるとパンチラとかが広まってしまって、悔しいなって思った時もあった」と、今後、女優としてやって行くという覚悟や気合いが、あの衝撃的だったパンチラの陰に隠れてしまいがちだったことを漏らしたが、「でも、こうして劇場版まで辿り着けて、舞台挨拶もできて、いまが一番感動しています。

「エスパーだよ!」をやってきてよかったと、改めて感じています」と、そんな過去もひっくるめて、この作品に携われたことを笑顔で語った。

 「みんな!エスパーだよ!」は若杉公聴氏が「ヤングマガジン」(講談社)で連載した漫画が原作。2013年にはドラマ化され、今春にはスピンオフ特番が放送された。dTVではオリジナルのドラマ(全3話)も配信中。

 劇中の衣装で登場した出演者たち。鴨川喜朗役で主演の染谷将太は「こんなに一生懸命におバカしてきたのは初めて。おバカでも続けることに意味があったと今は思っている」と、感慨深げに語り、映画版から初参加で平野美由紀役を演じた池田エライザは「とうとう皆様の前に美由紀が登場するなんて、私も夢のような感覚です」と喜びを語った。
 イベントでは同作からの卒業となることにちなみ、染谷の制服の第2ボタンを真野と池田が引きちぎる演出もあり、「ボタン初めてもらいました。でも自分で引きちぎるとは思わなかった(笑)。なんか複雑ですね」と真野。池田は「結構、気持ちいい音しましたよ。ブチブチッて」と、二人のヒロインからボタンを引きちぎられた染谷は「意外と粛々と行われたなって・・・」と、素直なコメントを述べた。

 昨年からの「THE NEXT GENERATION-パトレイバー-」から引き続きの劇場版「 THE NEXT GENERATION パトレイバー-首都決戦」から「新宿スワン」「ラブ&ピース」「リアル鬼ごっこ」と出演映画が公開された真野恵里菜。アイドル時代、ピアノの弾き語りで歌っていた頃とは違う表情を見せる。当時はまだ十代だったが、今年24歳になった。それでも童顔なだけに女子高生役が似合う?。「新宿スワン」では、キャバクラ嬢役にも挑戦していたが、女優としてはまだまだこれからいろんな役に挑戦して幅を広げてほしいところ。本人はコンサートもやりたそうだが、まずは、これからの本業である女優としてのスキルアップを・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ