『NHKのど自慢』での木村拓哉の行動について

Sponsored Link

 
8月30日放送のNHKのど自慢に、SMAPの5人が初出演した。この日は、神奈川県奏野市からの生放送で、演歌歌手の坂本冬美(48)もゲスト出演していた。番組の中で、一般参加者に鳴らされた不合格の鐘に、木村拓哉(42)が納得できないとばかりに、鐘奏者に詰め寄るシーンがあった。ネットでは、木村の抗議を神対応と評価する声もあったが、一方では、「でしゃばり」「カッコつけ」など厳しい声も上がった。
 
nodo  
 事の発端となった出場者は、男女二人組で、長渕剛の「乾杯」の演奏に合わせて社交ダンスを披露し、そのまま歌いだした。このパフォーマンスに会場は大盛り上がり、激しく動きながらの歌に時折声がかすれることもあったが、中居正広(43)は大爆笑し、会場も温かい雰囲気に包まれた。しかし、判定は無情にも鐘2つ。
 すると前列に座っていた木村が立ち上がり、最後列の鐘奏者のところまで行って猛抗議。さながらドラマのように「ちょ、待てよ」と言わんばかりの勢いで。マイクが入っていなかったので何を言っていたのかはわからないが。その後も納得できない木村は、カメラに背を向けたまま他の出場者と興奮した様子で何かを話していた。

 木村のこの行為にネットでは、「キムタクの温かさにホレた」「やっぱキムタクいい人だ」などと、「神対応」とたたえる声が上がる一方、「また木村がエエカッコしちゃって。NHK審査員の顔丸つぶれ」「なかなかのウザさだな」など、スタンドプレー、出しゃばりと厳しく指摘する声もあった。

 その後も木村は、別の出場者の鐘2つでも抗議したり、歌のコーナーでの「SHAKE」では「鐘が2つでも、イライラしない~」と即興の替え歌を披露して会場を盛り上げた。また番組の最後では、「ダンスで会場を沸かせてくれました」と、社公ダンスの2人に審査員特別賞を贈った。ちなみにこの日の放送は視聴率12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、2015年最高を記録している。

 視聴率に関してはNHKのど自慢にSMAPが出るという異常事態に、SMAPファンや興味本位の視聴者が増えたためと思われるが。
木村の抗議は、NHKのど自慢のシステムを知っていたならあまりにもイタ過ぎる行為。NHKのど自慢の合否は、前日の予選の段階で決まっている。合格者と、パフォーマンスの面白い出場者や何かエピソードのある出場者が選ばれて本番に出演している。だから、本番のパフォーマンスは当日の意外な行動ではなく、事前に分かっている想定内のこと。鐘奏者もそれに従って鐘を鳴らしているだけで、その場で判断しているワケではない。木村がこのことを知らずに抗議したのならいいのだが、知っていたならイタすぎるパフォーマンスでしかない。果たして実情は。
それにしてもあのSMAPが、地方回りののど自慢に出演するとは。余程NHKとの関係を強めたいのだろうか・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ