香里奈が主役の抜てきされた訳は!?

Sponsored Link

 
8月23日、モデルで女優の香里奈(31)が10月スタートのTBS系ドラマ「結婚式の前日に」(火曜、22時)に主演することがわかった。結婚式の100日前に脳腫瘍と診断されるヒロインを演じる。

 香里奈にとって、2008年の「だいすき‼」以来7年ぶりのTBSでの連ドラ主演。「結婚式の前日に」では勝気な性格で何事にも一生懸命、脳腫瘍と診断されても力強く生きることを決意するヒロインを演じる。久しぶりの連ドラ主演にあたり香里奈は次のようにコメント。「すごく真っすぐな女性。ひと言でいうと良い子。視聴者の方々が見て共感できるようなリアリティーを求めたい」と意気込みを語った。
 
karina  
 しかし香里奈といえば、昨年3月の語学留学先のハワイで撮られた写真が思い出される。下半身Tバックのあられもない姿で眠りこける写真が「フライデー」(講談社)に掲載され、大変な話題となった。衝撃的な写真の影響はまだ尾を引いているようで、とある芸能ライターは「香里奈さん本人も信頼していた人に写真を売られたことにショックを受け、一時は芸能界引退も考えたほど。しかし、事務所関係者が何とか再起させたいと動いたことで、香里奈さん自身もようやく前向きに。6月発売の女性向けファッション誌「GINGER」(幻冬舎)では、「“新しい香里奈”への挑戦」と題した特集に、ダークカラーのエアスタイルにイメチェンして登場し、「シッカリと印象を変えたい」などと語っている。その言葉からは再スタートへの決意が感じ取れる。新ドラマも強い気持ちで臨んでいるでしょう」

 また、あるテレビ関係者は「新ドラマでの香里奈さんの役どころは「病気なんかクソ食らえ」というような明るくポジティブに生きる女性。そこには今後の芸能活動に対する姿勢のようなものを感じる。今後も何かと流出写真について触れられることもあると思うが、芯の強い女性を演じることで、スキャンダルに負けないところをアピールしたいのかも。いずれにしろ、久しぶりの主演は視聴率を含めて注目を集めるだろうから、香里奈さんには存在感を出してもらいたいところ」

 衝撃の写真流出の影響で、メディアの露出が減り、CM契約もすべて打ち切り。たまにイベントなどに出演しても「オーラが無くなった」「別人みたい」などとささやかれていた香里奈。しかし一方では、盗撮の被害に遭っただけと同情論も根強く、女性ファンからは彼女を指示する声も上がっている。
 新ドラマで、女優・香里奈の存在感を見せることが出来れば完全復活ということになるかもしれない。笑顔で困難に向き合う女性は、香里奈の再起に向けてはピッタリの役どころだろう。しかしながら、今のドラマ視聴率は最低レベル。香里奈の決意とは裏腹にダメ元企画のようにも思える。話題性から初回はある程度の数字になるかもしれないが、問題はそれ以降。女性視聴者を取り込み、低迷するドラマの起爆剤となれるかどうか、期待はしたいが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ