「HEAT」民放ゴールデン視聴率更新!!

Sponsored Link

 
8月11日放送された、フジテレビ系火曜10時枠「HEAT」(EXILE・AKIRA主演)の平均視聴率が2.8%(ビデオリサーチ調べ/関東)だったことが、12日わかった。これまでの、テレビ東京を除く民放のゴールデンタイム(午後7~10時)、プライムタイム(午後7時~11時)の連続ドラマにおいての最低記録は、2013年、10月期のTBS系「夫のカノジョ」の3.0%だったが、それおも下回る異例の事態となった。
 
haret2  
 過去の民放ゴールデンタイムの連続ドラマで、視聴率3%を記録したのは、2013年10月期のTBS系「夫のカノジョ」3.0%(3%台5回)、13年10月期のフジテレビ系「家族の裏事情」3.4%(3%台2回)、14年7月期のフジテレビ系「あすなろ三三七拍子」3.6%(3%台1回)、15年4月期のフジテレビ系「戦う!書店ガール」3.3%(3%台3回)などがあるが、2%台となると15年1月期のテレビ東京系「保育探偵25時~花咲慎一郎は眠れない!!~」の2.8%、同じく7月期の「僕らプレイボーイズ熟年探偵社」の2.6%などがあるが、テレビ東京系以外では民放初となる。

 「HEAT」は2時間スペシャルの第1話で6.6%、第2話3.9%、第3話4.2%、第4話3.4%、第5話3.4%と推移し、第6話目でついに3%を切り2.8%を記録した。
 脚本は「ショムニ2013」などの丑尾健太郎氏、「スイッチガール!!2」などの大浦光太氏、「私と彼とおしゃべりクルマ」などの坪田文氏。演出には「アンフェア」などの小林義則氏、「ゴーストライター」などの佐藤源太氏が担当。
 主演のEXILE・AKIRA(33)演じる不動産会社のエリート社員が、街の買収のための情報収集のために素性を隠して消防団に入団し、消防活動を通じて人々を守る喜びを知っていく姿を描く物語。総務省消防庁と東京消防庁の全面協力で制作され、ドラマのその後を描く映画「DRAGON」(仮題)の製作がドラマオンエア前に決定している。

 通常であれば、打ち切りとなってもおかしくないところだが、映画の話がすでに決まっているのでどうなるか。プロジェクトとしては既に進行中で、フジテレビとしては視聴率が低くても引くに引けない状況だとか。映画のクランクインは来年ということなので、大幅なテコ入れも予想される。メインキャラを、ドラマでは脇の消防士役の佐藤隆太に変更する案もあるらしいが。
 そんな中、EXILE TRIBEと日本テレビによる壮大なプロジェクト「HiGH&LOW」も発表された。ドラマや映画、動画配信、コミックやオリジナルアルバム制作、SNS、ライブツアーなど様々なコンテンツと連携して展開されるらしいが、影響なしとはいかないだろう・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ