SKE48松井珠理奈の大胆なファースト写真集の反響は!?

Sponsored Link


 
8月10日、アイドルグループSKE48とAKB48を兼任する松井珠理奈(18)のファースト写真集「Jurina」(集英社)が9月9日に発売されることが発表された。11歳でデビューした松井にとって、デビュー7年目にして初の写真集となる。
 写真集は、「17歳」「18歳」のパートからなり、沖縄や東京、ロサンゼルスの3都市で撮影が行われ、制服や水着などを掲載、手で胸を押さえた大胆な手ブラの表紙カットも公開された。
 
jurina  
 「17歳のパートでは、沖縄ではしゃぐ私。18歳のパートでは、自分でもびっくりするくらい大人っぽい表情をロスで撮っていただきました。みなさんに見ていただくのが、かなり恥ずかしいです。まさに今の私の全てを盛り込んじゃったんで、もうこれ以上のものは無いんじゃないかと思えるくらいのデキです」松井自身がコメントしている。

 ところがこの手ブラ写真については、あまり好意的ではない意見がネット上では噴出している。
児童ポルノの対象外となる18歳になった途端の手ブラ写真だったため、「小学生からアイドル活動して、18になった途端露出?」「自分が親だったら悲しいと思う」など嫌悪感を抱く人が。また、以前に、前田敦子や渡辺麻友らがセミヌードを披露したことを踏まえて、「未成年脱がせるのがホントすきだな」「このグループ脱いでばっかり」と苦言を呈する人も。中には、「こういうのはアイドルではなくグラドルの仕事」と断言するのものまで。

 なかには「大人に無理やり脱がされたんじゃ?メンタルが心配」「精神が病みそうな仕事は控えてあげて」などと、マジで心配する声まで聞こえている。松井自身は、メンバーの中でも秋元康の寵愛を受けているとされているが、今回は運営のゴリ推し批判以上に、ビジネスヌードへのい批判が高まっているようだ。

 以前、グラビアアイドルのコメントかなんかで、AKBがグラビアアイドルの領域に侵入してきて荒らしていると訴えていた。確かにこれまでの10代のアイドルがセミヌードまがいの写真は出さなかった。現役のアイドルにそこまで脱がれたら、グラビアを中心としたグラドルたちはどうしたらいいのか。ビジネスヌードとは言ったものだが、現役の10代のアイドルがそこまで脱ぐ必要があるのだろうか。そこまで困窮しているわけでもないのに、やはり利益を追求した結果なのだろうか。いずれにしても、大々的に宣伝した結果、精神的な部分まで心配されてしまう事態を、松井本人や運営はどう受け止めているのだろうか。心配されるのも、注目の話題としか捉えていないのでは・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ