フジテレビ「FNS27時間テレビ」に無理がある!?

Sponsored Link

 
7月25日から26日にかけて、今年も恒例の「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)が放送され、全平均視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)だったことがわかった。昨年の13.1%を下回り、一昨年2013年の9.8%に次ぐ低調となった。

 「本気になれなきゃテレビじゃない」とのスローガンを掲げ、ナイティナインの岡村隆史が扮するオリジナルキャラ「ホンキーマン」を象徴とし、出演者が「NO FUN NO TV DO HONKY」と書かれたTシャツを着用するなど、本気を前面に押し出したという企画や構成となってはいたが、あるテレビ誌記者はフジの本気に首を傾けたと話した。
 
ookubo  
「『テレビの時代はもう終わり? ・・・でも俺、本気出しちゃいます』と、大それたキャッチコピーを掲げながら、終わってみれば、制作側が本気で企画を考えるのではなく、パクリと焼き直しの企画で、芸人らに無理をさせることでした」

 今年の通し企画は、オアシズ・大久保佳代子の「88kmマラソン」とたんぽぽ・白鳥久美子の「バンジーでギネスに挑戦」。マラソンは、「24時間テレビ」(日本テレビ)のパロディ。とはいえ、もう何年も前からやってることだから、今更パロディと言っても仕方ないが。バンジージャンプは、「世界の果てまでイッテQ!」(同)を彷彿させる企画だが、これもバンジージャンプが流行った頃には、同様の企画はいくらでもあった。どちらもパクリというのもピンとこないが、新鮮味の無いことには変わりはない。結局、大久保は完走したものの、中継が少なく本当に走っているのか疑惑をもたれるし、白鳥は10回連続で飛んだが脳震とうを起こしてドクターストップがかかるという、一つ間違えば取り返しのつかない危険な挑戦だったが、特に盛り上がることもなく企画倒れに終わっている。
 また、目玉企画のひとつだった明石家さんまと還暦芸能人たちの体力測定企画も、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の企画に酷似。ちびっこによるダンス企画も、「24時間テレビ」のダンス甲子園の焼き直しとも取れる企画だった。

 「めちゃイケ」メンバーがメインの企画だっただけに、岡村の頑張りがなかなか表に出てこなかったが、むしろ岡村のダイエット企画や、ダンスの練習に打ち込む姿をドキュメンタリー風につなげた方が本気が伝わったような気も。感動的な展開から最後はめちゃイケらしいオチを付ければ、それはそれで立派な企画になったような。あくまでも個人的な感想だが。結局視聴率では裏の「世界の果てまでイッテQ!登山部マッキンリーSPイモト北米大陸最高峰への挑戦!」(日本テレビ系)が、17.1%と圧倒的だった。果たして来年はどうなるか、打ち切りの選択肢は消えていないような・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ