MAXが5人で最初で最後のライブ!!

Sponsored Link

 
7月24日、女性ダンスボーカルユニットMAXがニューシングル「♯SELFIE~ONNA Now~(セルフィーオンナナウ)」の発売イベントをラゾーナ川崎プラザで行った。その中で今年で20周年を迎えることを記念して、育休中のREINAや2008年に脱退したAKIを加えたフルメンバー5人でライブを開催することを発表した。10月10日、舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で行われる。
 
max  
 MAXは、1995年NANA、MINA、LINA、REINAの4人組としてシングル「恋するヴェルファーレダンス ~Saturday Night~」でデビュー。2002年7月からMINAの育休の間AKIが加入してたが、2008年に脱退している。現在は、REINAが2011年7月から育休に入っており3人で活動中。

 この日のイベントで、3人から20周年ライブ開催が発表されると、会場に集まった2000人のファンから大きな拍手と歓声が巻き起こり、NANAが「やっぱり3人だけでは20周年は迎えられないので、ライブにはREINAとAKIちゃんを迎えて、MAX全員でお送りしたいと思います」と挨拶すると、さらに大きな歓声が響いた。

 イベント後に行われた記者会見では、デビューからの20年を振り返ったNANAが「猛ダッシュ駆け抜けた20年」と振り返り、更に「優等生ではない私たちを会社も所属させていてくれて、ファンのみんなも応援し続けてくれているというのは有り難いです」と感謝し、「15歳で東京に出てきて、いろんなことがあったけど、今をどうするかで過去が全部楽しいものになる」とほほ笑んで答えた。

 また、フルメンバーでのライブ実施については、3人は「自分たちで提案した」と答え、MINAが「20周年を迎えたときから、記念に残ることを何かしたいと話はでていた。REINAも子育てがひと段落したというのを聞いていたので、だったらできるかなと3人で話していた」と説明。LINAは「(REINAとAKIの)2人も『誘ってくれてうれしい』と喜んでいるので、気持ちを一つにして盛り上がるライブにしたいと思います」と意気込みを語った。

 今回のライブで復帰するAKIは「もう一度、MAXとして歌って踊ることが出来るなんて夢のようです。うれしくてうれしくて、楽しみで仕方有りません」、REINAは「メンバーから聞いたときは本当にびっくりしたのと同時に、本当にうれしかったです。4年間のブランクもありますが一生懸命頑張ります‼」とそれぞれ喜びのコメントをしている。
 みんな30代後半のアラフォー世代(AKIは少し若い)。結婚して出産を経験しているメンバーもいる。それでも応援してくれるファンがいるからこそ20年も続けられたのだろう。そんなファンの声援にこたえるライブになることを祈るが、無理はしないように。もう若くはないのだから・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ