ももクロ・高城れにの骨折でどうなったの?

Sponsored Link

 
7月18日、ももいろクローバーZが六本木ヒルズで行われた展覧会「ももクロChan presents ももクロの大冒険Ⅲ」テープカットイベントに出席し、メンバーの高城れにが、骨折した時の状況を説明した。

 ももクロの公式サイトでは、16日に高城がライブのリハーサル中に転倒して、左手橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折で全治4か月と診断されたと発表された。高城はファンに向けて「早く完治できるように、今、出来ることを精一杯頑張りますので、応援してください」とコメントも寄せていた。
 イベントでは、リーダーの百田夏菜子がこの展覧会の展示物が透明のガラスで仕切られていることに触れ、「一瞬見えなくて、手をツッコみそうになるんですよ。そうすると、今の高城さんみたいになっちゃうので」と発言。メンバーの玉井詩織が続いて「彼女はテーブルに手をつけてカッコつける癖がありまして。その時も手をつこうとしたら、テーブルがなかったですよ」と高城の骨折時の状況を説明した。
 更に、自身も昨年2度の骨折を経験した佐々木彩夏は「仲間が増えた気分です。骨は折れるものです。急いで治そうとしないで、ゆっくり治療して完全に治して、早く復帰してもらいたい」とエールも。百田も「こうして、ももいろクローバーZの高城れには鋼の手を手に入れて戻ってきます」期待を込めてエールを送った。
 同展覧会はテレビ朝日系「ももクロChan」(毎週火曜、深2:21)内で、メンバーが手掛けてきたイラストや衣装が展示されている。今月18日から8月31日まで、六本木ヒルズ展望台で開催。
 
reni  
 ところが18日の夜に高城れに自身がブログを更新し、他のメンバーの話を否定し、ライブのリハーサルで踊っていっる時に転倒し、手をついて骨折したと説明した。
ブログでは「私は来週から少しずつ最強の鋼の手で復帰できそうです!早くみんなに会いたいです!」と回復ぶりを報告。そして、「ただ、もう一度落ち着いて言わせてください!webニュース見てビックリですよっ!骨折の理由はカッコつけようとしてテーブルに手をついたのではなく、本当に踊っている途中で転げて手をついちゃったの。。真剣リハしてたんですから!」と、メンバーの発言を否定し訂正した。

 今月31日、8月1日に開催するライブ「桃神祭」のリハーサルでダンス中に転倒、骨折したということで、「それだけ桃神祭に気合いはいってたんです高城!なので今は桃神祭が楽しみすぎる!この何日間ですごいパワーを受け取ったので、今後の高城にこうご期待!(ちょっと気が早いか笑) 逆境こそがチャンスだZ!」と、ファンからのメッセージがパワーになっている事もつづられた。

 この骨折箇所は一般的に高齢者が手をついたときに骨折しやすい箇所とか。カルシウム摂りましょう・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ