ハロプロのJuice=Juice海外公演とファーストアルバムに。

Sponsored Link

 
7月15日、ハロー!プロジェクトの「Juice=Juice」が10月に初の海外公演を行うことが、ファーストアルバム「First Squeeze!」発売記念イベントで明らかにされた。現在開催中のライブツアー「Juice=Juice LIVE MISSION 220」の一環として、10月3日に台北、4日に香港で開催される。
 
juce  
 リーダーの宮崎由加から初の海外公演の知らせが発表されると、会場に集まった約1000人のファンからは大歓声が巻き起こり、メンバーの金澤朋子は「うれしいうれしいうれしい!」と絶叫し、「ずっと『海外で活躍できるアイドルになりたい』と言っていたので、一歩踏み出せた感じ」と高木紗友希も大喜びしていた。

 今年の2月で結成2周年をむかえたJuice=Juice。「せっかくだから、向こうの言葉であいさつしたいね」「覚えよう」と、早くも初の海外公演に思いをはせていた。宮崎は「みんなでお勉強も頑張りながら、もっともっとスキルアップして、成長していけるように頑張りたい。皆さん、是非遊びに来てください!」と呼びかけていた。イベントでは新曲やアルバムから5曲が披露された。

 15日に発売になったファーストアルバム「First Squeeze!」は、今年4月にオリコン週間ランキング1位となった両A面シングル「Wonderful World/Ca va? Ca va?」を含むシングル6枚(メジャーデビュー後)とインディーズ時代の曲やコンサートなどで人気の高い楽曲、全23曲を収録した2枚組。

初回生産限定盤Aには、これまでのビデオクリップや、特典映像など全30曲を収録したブルーレイディスが付く。初回生産限定盤Bには、今年の4月25日に札幌ペニーレーン24にて開催された「Juice=Juice ファーストライブツアー2015 News=News~各地よりお届けします!」の最終日の全曲を収録するDVDが付く。また通常盤には、コンサートで頻繁に歌っていた音楽ガッタスの「鳴り始めた恋のBell」、太陽とシスコムーンの「Magic of Love」など6曲のカバー曲を収録したCDが付く。


 ファーストアルバムは少々力み過ぎの感じもするが、ファンにとってはどれも捨てがたい。これまでのビデオクリップのブルーレイもいいがライブ全曲を収録したDVDも捨てがたい。ライブのブルーレイは別売だろうけど。どれも捨てがたいがゆえにもう少し価格を抑えてほしかったという思いもある。初回生産限定版Aが7000円、Bが6000円、通常版が4000円。どっかのアイドルのように大量買いを狙っていないために、設定が高めなのか?。ダンスも歌唱力も成長著しいJuice=Juiceだが、価格の方の勉強もお願いしたい・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ