EXILE・AKIRA主演ドラマ「HEAT」2話目で3.9%とはいかに。。

Sponsored Link

 
7月14日、EXILE・AKIRA主演のドラマ「HEAT」(フジテレビ系)の第2話が放送され、平均視聴率が3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東/.以下同)だったことがわかった。前クール同枠のAKB48・渡辺麻友主演の「戦う!書店ガール」も6話目で3%台に落ち込んだが、それを上回るハイペースにネット上でも驚きの声が上がっている。
 
 この関西テレビが制作する火曜10時枠はかつて、「チームバチスタ」や初代「GTO」生み出した時間枠ではあるが、近年は視聴率が2ケタに届かないことも多くなり苦戦を強いられている。「戦う!書店ガール」も初回6.2%、2話6.4%と低迷し、6話目で遂に打ち切り圏内とされる4%を切る3.6%を記録した。「HEAT」も初回2時間スペシャルが6.6%と低調で、2話目で3.9%と一気に打ち切り圏内へ突入した。
 
haret  
 ある芸能ライターも「元々俳優業への進出を疑問視されているEXILE勢の主演というだけに、ネット上でも「ファンもAKIRAに芝居を求めていない」「まゆゆもびっくりだね」「ゴールデンでこの数字はある意味凄い」などの声が上がっている。このままだと、今クールのワーストドラマになってしまいそう」と語る。
 裏のTBSドラマ西内まりや主演の「ホテルコンシェルジュ」も初回が9.4%、2話が8.5%とこちらも低迷で、こちらに奪われているとも考えにくいが。
 しかも「HEAT」は放送前から映画化が決定している。この壊滅的な視聴率をうけて、フジテレビではどう対応するのだろうか。現状維持さえ厳しそうなのに。打ち切りとなれば、映画への影響は避けられないだろうし、根本的に映画の話自体無くなる可能性も出てくる。

 近年の低視聴率ドラマというと、2013年10月クールの川口春奈主演の「夫のカノジョ」(TBS系)の民放連ドラ最低視聴率記録の3.0%があるが、2話目にして3%台に突入した「HEAT」はワーストの更新をしてしまうのだろうか。
 ちなみに「HEAT」の低迷に肩を落としているのは、フジテレビだけではない。このドラマは総務省消防庁と東京消防庁が全面協力している。かつて、海上保安庁が「海猿」のヒットで入庁希望者が増加したとあって、右肩下がりで減少している消防団員増加に一役かってくれることを期待していただけに、この数字には落胆の色を隠せない。
 まだ始まったばかりだが、多方面から期待がかかる「HEAT」。視聴率の回復はあるのだろうか・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ