ドラマ「ど根性ガエル」満島ひかりのぴょん吉!好評!

Sponsored Link

  
7月11日、俳優・松山ケンイチ(30)主演ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)の第1話が放送され、平均視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東)だったことが13日わかった。同作は同名コミックを原作にアニメ化もされた作品の16年後を描くオリジナルストーリー。30歳を過ぎても働かずブラブラしているダメ男になってしまった主人公・ひろしを松山が演じ、Tシャツに張り付いた平面ガエルのピョン吉はCGで再現しているが、その声を女優の満島ひかり(29)が担当している。
 
pyon  
 当初は無謀な実写化とか、原作レイプなどと批判が集中していたが、初回の放送後は「思ったよりおもしろかった」「松山のグズ男ぶりがいい」など絶賛の声が上がっている。特に、松山をはじめとするキャストのハマりぶりが称賛を集め、満島には絶賛の声も。開始前は声優でもない満島に原作のイメージと違ったピョン吉なってしまうのではと危惧されたが、アニメ版の完コピ演技を実現して見せた。CGのピョン吉の再現度が高いこともあったが、満島の演技は原作のイメージを全く損なわないデキになっていた。視聴者からも「ピョン吉上手すぎる!」「満島ひかりが予想以上にハマっていた」「満島ひかりを選んだ奴は偉い」などの称賛の声も上がっている。

 満島ひかりは、2009年の映画「愛のむきだし」をきっかけにブレイクし、ドラマや舞台でも女優として活躍。その演技力は、若手ナンバーワンとも評され、今年1月の「週刊現代」(講談社)の企画『いま日本で「本当にうまい役者」女優編ベスト50』で1位にも選ばれている。

 また、よしこ先生役の白羽ゆり(36)やひろしの母ちゃん役の薬師丸ひろ子(51)など女性キャストは概ね好評だが、唯一ヒロインの京子ちゃん役の前田敦子(24)だけが酷評されている。視聴者からも「演技が素人レベル」「ひとりだけ学芸会」などの批判が上がり、満島の名演技と比較され「天才と凡人の差」というような厳しい意見も見られた。満島のピョン吉が上手ければ上手いほど、前田のアラが目立ってしまう。

 役柄が合っていないという声もあるが、話題性や事務所の関係で起用された感のある前田。結局、ゴリ押しということだろう。ただそれが裏目に出て、自身の力の無さを露呈することに。映画で多少評価されたぐらいで、キャスティングされても一流の役者の中に入ればまだまだ素人レベル。
2話目以降、お荷物になって足を引っ張ることにならなければいいが・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ