劇場版3DCG アニメ「GAMBA ガンバと仲間たち」を観る?

Sponsored Link

 
7月14日、劇場版3DCG アニメ「GAMBA ガンバと仲間たち」(10月10日公開)で、ヒロイン潮路(しおじ)役の声優として歌手で女優の神田沙也加が、邦画の声優に初挑戦することがわかった。主人公のガンバ役は梶裕貴が担当。
 神田は、「アナと雪の女王」以来の劇中歌も披露する。「潮路は、すごく芯が強くて、心で皆のことを引っ張っていくヒロイン。可愛らしさだけでなく母性も見せていければ」とコメント。
 
gannba  
 斎藤惇夫氏の名作児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(岩波書店)を原作に、1975年に「ガンバの冒険」としてアニメ化され、84年には「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」、91年には「ガンバとカワウソの冒険」と劇場版2作が公開され、ミュージカル化もされている。そして今作は、「STAND BY ME ドラえもん」などを手掛けた映像制作会社「白組」が制作を担当する。

 主人公のガンバを務める梶は「誰もが知る歴史ある作品で、そうそうたる大先輩方と共演するのは緊張とプレッシャーの連続でしたが、楽しんで演じさせていただきました。子供達には夢を、大人たちには幼い頃の気持ちを思い出させてくれる作品になったと信じています」とコメント。

 制作総指揮の白組・島村達雄社長は神田の起用理由ついて「地道に声優の訓練を積んだり、若い頃からミュージカルの舞台で歌や演技の技術を磨いたりと、本物志向を感じされる。強い信念のもと、希望を忘れない潮路のキャラクターにピッタリ」と説明している。「GAMBA ガンバと仲間たち」は10月10日から公開予定。

 アニメ世代からすると、この手の3DCGはイマイチしっくりこない。アニメーションなのに妙にリアルで。ただこれも最新の映像技術の賜物と言われれば納得もできるが。神田も意外なことに、邦画の声優は初ということで、白組の作り出す映像とのマッチングも見どころだろう。

まだ他のキャストに関しての発表はないが、話題作りに俳優やアイドルの起用は避けていただきたいところだが。神田や松たか子のように実績があれば別だが、酷評された実績ならいらない。どうしても、スポンサーや、事務所、配給会社など大人の事情もあるだろうが、それこそ幼い頃の気持ちを思い出して作品作りに当たっていただきたい。

 実写映画は不振でも、好調な興行収入を上げているアニメ作品。「GAMBA ガンバと仲間たち」もそれに続く事ができるかどうか。公開までの3か月が勝負になりそうだが、宣伝、営業にとって暑い夏になりそうだ・・・。

映画「GAMBA ガンバと仲間たち」特報映像


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ