劇場版「HERO」第2弾はもちろん観るでしょ!?

Sponsored Link

 
7月5日、SMAPの木村拓哉が主演する映画「HERO」(鈴木雅之監督、18日公開)の完成報告会見が、東京・霞ヶ関の法務省で行われた。法務省で映画のイベントが行われるのは今回が初めて。

 会見では主演の木村は「作品で何度も撮影させていただいている場所ですし、実際に検察官になられる方たちが必ず通過して世の中に出て行く場所。そんな場所で会見させていただくことをすごく光栄に思います」と挨拶し、「実際に任官された検察官の方で『この作品を見て、検察官を目指そうと思った』と言ってくださる方が法務省から巣立っているということを聞いて、本当にやりがいを感じています」「今回も出来上がった作品から、たくさんの人が影響を受けて、いろんなものを受け取ってくれて。そうやって皆さんの人生に関われるのかなと思うとすごく楽しみです」とコメントした。
 
hero  

 会見には他に、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造、佐藤浩市、鈴木監督らが勢ぞろい。法務省の重要文化財にも指定されている旧本館の赤煉瓦棟をバックに集合写真も撮影された。
 
 「HERO」は、東京地検城西支部を舞台に、木村拓哉演じる型破りな検事・久留生公平と個性的な面々が事件の真相に迫っていく物語。2001年ドラマが放送されると久留生と事務官の雨宮(松たか子)のコンビが人気となり、06年にはスペシャルドラマ化、07年には映画化もされた。14年の7月からのドラマでは、久留生とコンビを組む事務官・麻木千佳役を北川景子演じ、今作にも出演している。会見で北川は、ドラマ第1弾が放送された当時中学生だったといい、今作で久しぶりに松たか子演じる雨宮舞子が登場することに「役に扮装している松さんと木村さんが並んでいる姿を生で見て、テレビで見ていた『本物のHEROだ』と思って、一気に中学時代にタイムスリップしたみたいで、うれしかった」と笑顔で語っていた。

 殆んど勢揃いの会見。更に公開まで相当の宣伝も打ってくるだろう。一部報道では、木村拓哉初のテレビ朝日での主演ドラマ「アイムホーム」が思ったほどの視聴率が取れなかったことが、映画の方にも影響するのではと書いていたが、どうなるだろうか。こればかりは蓋を開けてみるまでわからない。フジテレビとしても莫大な資金を投じているだけに、惨敗は死活問題にもなりかねない。
話題の「海街diary」がアニメ「ラブライブ!」に負けたという報道もあり、公開まで宣伝攻勢が続くだろうが、果たして・・・

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ