BABYMETALの実力が海外から認められた!?

Sponsored Link

 
アイドルとメタルの融合を掲げるダンスユニット、BABYMETAL。今年の5月からのメキシコ公演から、アメリカ・ヨーロッパなど10か国を回る2回目のワールドツアーを開催し、国内外からすさまじい支持を集めている。6月21日にはそのワールドツアーの日本公演「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 ~巨大天下一メタル武道会~」が、千葉の幕張メッセ国際展示ホールで開催され、約25000人のファンを熱狂させた。
 
baby2  
 もともとはアイドルグループのさくら学院の派生ユニット(重音部)として結成されたBABYMETAL。活動初期から知るファンとって、幕張メッセでの彼女たちのパフォーマンスには度肝を抜かれることになったのでは。開演前から歓声が起こり異様な熱気に包まれるなか、巨大な三角形のステージ上のピラミッド型の造形物から登場した3人は、自己紹介ナンバーの「BABYMETAL DEATH」から、「ギミチョコ‼」「ド・キ・ド・キ☆モーニング」と立て続けに、ハイテンションナンバーで客を熱狂へと導いていく。

 BABYMETALのライブは、女性アイドルグループとしても、メタル・アーティストとしても異色の光景に映る。ペンライトやサイリウムはなく、変わりに見えるのは高く突き上げられた拳の波。メタルのライブでは定番の、渦を巻くように駆け巡る「ウォール・オブ・デス」もたびたび起こる一方で、キュートな振りに合わせた、合いの手や掛け声も起こる。

 最初から最後まで、MCなしのステージでは合間に挟まれる映像によって、ストーリーが作られBABYMETALの世界観へと引き込まれる。時に神秘的な雰囲気さえ感じられる孤高の歌姫、SU-METAL、可愛らしくも一糸乱れぬ完璧なダンスパフォーマンスで魅了するYUIMETALとMOAMETAL。更に日本トップレベルの超絶テクニックを持つ神バンド。ライブ特有の泥臭さや荒々しさも有しながら、完成度の高いエンタテインメントショーの様相でもある。

 いわゆるKawaiiというだけでなく、アーティストとしての実力で海外から注目されている今の現状は、今後日本の市場から海外展開を考えているアーティストにとって一つの指標にはなるだろう。ただ、頭打ちの日本の音楽市場から、アジアに進出しようとしているアイドルやアーティストにとっては、また別のものだろうが。ワールドツアーの追加公演として初の日本での全国ツアーの開催、12月には横浜アリーナでの2daysライブの開催も発表された。8月にはドイツでのワンマンライブ、イギリスでは大型ロックフェス「レディング・アンド・リーズ・フェスティバル」への出演も決定している。国内外から注目され、パワーアップしていくBABYMETAL。さらなる進化がどんなパフォーマンスとなるのか、非常に楽しみなところだ・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ