「LoVendoЯ (ラベンダー)」のメジャーデビューシングル

Sponsored Link

 
7月1日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて、元モーニング娘。の田中れいな(25)率いるガールズバンド、「LoVendoЯ (ラベンダー)」のメジャーデビューシングル「いいんじゃない?/普通の私ガンバレ!」のリリースイベントが行われた。
 イベントでは、「普通の私ガンバレ!」の作詞を手掛けたつんく♂氏からの祝福の手紙も披露され、田中は「 LoVendoЯを始めるきっかけくれたのがつんく♂さん。メジャーデビューという大事な時につんく♂さんがまた関わってくれてすごくうれしい」と感激の様子だった。
 
rabenda  
 つんく♂氏の手紙
「メジャーデビューおめでとう。そろそろバンドで音を出すことの楽しさを実感してきてることだと思います。バンドって不思議で仲が良すぎてもだめだし、仲が悪いとそれもだめ。ある程度の距離感と信頼感。お互いがお互いのよい部分認め、足りない部分を補っていく。そうやってそのグループにしか出せない音を作っていく。その出てきた音がいかに素敵か魅力的かってことが大事。このメジャーデビューを機にファンの皆さんとその感動を分かち合って音楽を思いっきり楽しんでください。ガンバレ!」
 

 それを聞いていた田中は「れいながモー娘辞めて福岡に帰るといったのを止めてくれて、このままやってみよう言ってくれた。今ここにいられるのは全部つんく♂さんのおかげで、恩人の方です」と感謝の言葉を、ボーカルの岡田万里奈(21)「すごい泣きそう」、ギターの宮澤茉凛(22)は「とても心に響いた」、ギターの魚住有希(23)は「こんなに LoVendoЯのことを考えてくださってすごくうれしい」とそれぞれ感激の様子だった。

 その後の取材で田中は、1年半ぐらいはなかなかコミュニケーションが取れずにギクシャクしていたことを明かし、今はみんなといる事が楽しいと笑い、今後の目標については「やっぱり、モー娘。を卒業した武道館という場所で、この LoVendoЯで立てたらいいなと。思い出の場所にこの新しいメンバーで立てたら最高」と語った。この日のイベントでは、新曲を含む4曲を披露。会場に集まった約1000人をファンを魅了した。


 結成から早3年、なんかあっという間だったような。この間、インディーズでアルバムを出したり、ライブ活動をこなしていくうちにバンドとしてまとまっていったようで。バンドとしてはまだまだかもしれないが、田中れいなが唄うかぎりは続けられだろうと、断言はできないがそう思わせる。それにしても田中以外の3人は段々あか抜けてきたような・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ