広瀬すずは大丈夫か!?バッシングに賛否。

Sponsored Link

 
最近、最も活躍の目立つ若手女優・広瀬すず(17)への誹謗中傷が目立ち始めている。
 2012年、雑誌「seventeen」(集英社)のモデルとなり、翌年には女優デビュー。爽やかで、素直そうな雰囲気からCM出演も、ロッテやソフトバンク、ゼクシィ、東京ガスや資生堂など多数に。若手女優の登竜門的「全国高等学校サッカー選手権大会」の応援マネージャーにも選ばれ、堀北真希(26)や新垣結衣(27)、実姉広瀬アリス(20)らが歴任してきたイメージガールにも名を連ねた。

 2013年4月からは民放のドラマにも立て続けに出演し、2015年1月クールの日本テレビ系「学校のカイダン」では主演も務めた。現在公開中の映画「海街diary」では、主人公の4姉妹の末っ子を好演し、来年公開予定の人気漫画原作の「ちはやふる 上の句/下の句」では、主役の綾瀬千早役に抜擢されたことが発表された。
 
hirose  
 デビューから3年未満で17歳になったばかりの広瀬。ここまでは順調すぎる活躍を見せているが、あまりとんとん拍子に注目度がアップしてくると疑惑の目が向けられるもの。ネットでは「モット可愛い女優はいるのに、なんで?」「ジャニーズjr.とのラブホ熱愛は無かったことになってんの?」など、嫌悪感を露わにする向きも出はじめ、先日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)出演時の発言が物議をかもすことに。
 「新・食わず嫌い決定戦」のコーナーに出演した広瀬は、番組制作に必要不可欠なスタッフである音声担当や照明担当という職業に対して、軽視するような発言をして大バッシングが巻き起こった。「あまりに失礼すぎる」「子供だからって何を言っても許されるわけじゃない」などと。後日、Twitterで軽率な発言だったと謝罪していたが、事態はそれだけでは収まらない様子。

 今度は、「ちはやふる」映画化の配役が発表されると、「千早役は広瀬すずには合わない」「相変わらずのゴリ推し」「広瀬すずなら観ない」など批判が相次いだ。バッシングの出た広瀬に限らず、人気漫画の実写化とあって誰がヒロインを演じても、原作ファンからの批判は出るだろうが・・・。

 ただこちらは、降板を求めるオンライン署名活動まで発足してしまった。7月11日から公開の細田守監督のアニメ映画「バケモノの子」で、広瀬は主人公の声優も演じていた。すでに完成披露会見も済んでおり、現状での声優変更はないと思われるが、お祭り騒ぎ的に盛り上がったことは確かなこと。
 正直で、素直すぎ、思ったことを口に出してしまったことが波乱の元凶だが、ネット上にはそんなネタを漁っている輩が多いことも事実。正直なのもいいが、発言する際は一呼吸おいてから・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ