橋本環奈主演映画「セーラー服と機関銃」と本家・薬師丸ひろ子動画あり

Sponsored Link

 
6月23日、都内で行われた映画「セーラー服と機関銃-卒業-」(2016年春公開予定)の制作発表会見で、福岡のアイドルグループ「Rev.from DVL」の橋本環奈が主演を務めることが明らかにされた。1981年に薬師丸ひろ子主演で大ヒットした映画から、82年には原田知世、06年には長澤まさみ主演でドラマ化もされた同作。主人公・星泉役抜擢された橋本は「名だたる女優の先輩方が演じてこられた作品。誰のようにではなく、橋本環奈として自分らしい星泉を演じていけたら」と意欲をのぞかせた。

 会見では緊張した面持ちで「最初はまさかという驚きと同時に、もちろん大きな喜びも感じました。私とって憧れだった薬師丸ひろ子さんの代表作「セーラー服と機関銃」で主演できるとは夢にも思っていませんでした。まさに夢の途中にいるようです」と喜びを語るがその心境としては「ただただ感じたことのない重圧でいっぱいです」と吐露し、「角川映画40周年第1作という冠に恥じないよう、全力で望んで参りたいです」と抱負も語った。
 
sera-  
 「セーラー服と機関銃」は、シリーズ累計264万部を超える赤川二郎氏の大ヒット作を元に映画化した作品で、1981年12月に公開と共に大ブームを巻き起こした角川映画の代表作。高校2年の星泉が父の死をきっかけに、組員4人のおんぼろヤクザ「めだか組」の組長を襲名するという物語で、相米慎二監督が指揮をとり、薬師丸ひろ子が主演女優を務め、翌82年邦画興行収入第1位(47億円)を記録した。その後も、原田知世、長澤まさみ主演でドラマ化もされ、トップ女優の登竜門的なタイトルに。

 制作総指揮のKADOKAWA代表取締役・井上伸一郎氏は、橋本環奈起用のきっかけはインタネットに出回った“奇跡の一枚”だったと語り、「最初に勝手にひとめぼれして、福岡に会いに行って、最初の映画(出演)の予約をしてしまいました」と明かし、「星泉という役は、生半可な女優では演じきれない、なおかつフレッシュな人材でないと演じられない。やっぱり橋本環奈だろう。彼女にピッタリ合った役だということで、この企画に決定した」と説明した。

 確かに今若手女優の中でも、この役にピッタリな人材となると思い当らない。実力があっても全くの無名では宣伝にならないし、名前だけ売れていても実力がなければ演じきれないし、売り出し中であっても高校2年生の星泉を演じるのに20歳を過ぎていてはフレッシュ感が違う。橋本の演技力に関しては未知数だが、井上氏の御眼鏡にかなったのも運命なのかもしれない。ただこれによって、グループ内の格差が大きくなることは間違いなく、ソロとして卒業も視野に入っているのかも・・・。

本家薬師丸ひろ子


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ