チャンネルを変えたくなる女優はやっぱりこの人!?

Sponsored Link

 
“視聴率”、それが全てではないとは言われるが、テレビ業界ではその数字が全てであり、一般視聴者も番組の指標としている。その数字に大きく影響しているのが、登場する有名美女たち。
Asagei plusのなかで、全国20~49歳の男性600人を対象に「アイツが出ていたらチャンネルを変える」というマイナス視聴率美女を調査した。あらかじめ選出した100人の中から5人を選択する形式。
 
sityou  
 貫録というかやっぱりというか圧倒的と呼べる165票を獲得して、1位になったのは沢尻エリカだった。ヒロインを務めたフジテレビ系ドラマ「ようこそ、わが家へ」の最終回では、15%の視聴率を記録していたのに意外と思われる向きもあるが、男性からのアンチ票を抱えながら同数以上の女性ファンがいるからこその数字で、嵐の相葉雅紀主演ということで女性視聴者が多かったこともこの数字になったではと分析されている。

 2位にはAKB48(144票)、3位にHKT48(127票)、5位にSKE48(109票)、8位にNMB48(97票)とAKB関連グループが上位を独占。大人数であるために「顔と名前が一致しない」「みんな同じにしか見えない」という意見や、「見飽きた」という声が多かった。これがAKB関係では数字が取れないという理由だろう。それでも使う理由は、使わないと他でも使えなくなるという事務所からの圧力にほかならない。男性が選ぶこのアンケートでの不評を、どう受け止めるのだろうか。

 4位には安達祐実(118票)が入った。「子役のイメージしかないので大人の体が合わない」など、昨年の主演映画「花宵道中」でのセクシーな演技に、拒否反応が集中したと分析。子役のイメージしかないと言われても、安達自信今年で34歳、確かに童顔ではあるが子役でブレイクしたのがこの歳まで影響するとは、なかなかつらい現実。
 6位の壇蜜(108票)もちょっと意外。「色気をウリにし過ぎている」というよう意見の一方では、「脱がなくなった」という声も。どうも最近のコメンテータとしての活動が、鼻に付くと感じる人も多いようだ。再び妖艶なグラビアを披露してくれることに期待する声も。
 7位にはモデルや女優としても活躍する水原希子(101票)が入った。昨年は自身のInstagramできわどい画像を公開して話題になったが、相変わらず過激な画像で話題になっている。
出れば批判される、矢口真里は意外にも16位(60票)。

 出れば数字が取れると言われた女優が、ドラマでこけて軒並み数字を落とす昨今、誰を使っても数字の取れない局もあるが、良くも悪くも名前が出るうちが華なのかもしれない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ