カントリー・ガールズ、島村嬉唄が脱退と言われてもね!

Sponsored Link

 
6月12日、ハロプロ公式HPにて「カントリー・ガールズ」の島村嬉唄(14)の脱退が発表された。「カントリー・ガールズ」は、「カントリー娘。」からの継承でタレントの里田まい(31)がスーパーバイザー務め、元Berryz工房の嗣永桃子(23)がプレイングマネージャーをとして参加している6人組アイドルグループ。昨年11月に結成され、今年の3月にメジャーデビューしたばかり。島村嬉唄はデビュー曲「愛おしくってごめんね」ではセンターを任されていた。
 
uta  
 事務所の公式サイトでは「突然のご報告となってしまいますが、カントリー・ガールズのメンバーの島村嬉唄との間の契約が途中解約となったことをお知らせいたします」と報告。脱退理由については、今後活動をしていくうえで島村の家族との間に埋めることのできない隔たりがあり、家族から辞めたいという申し出があったことを説明。更に責任あるマネジメントの範囲を超えていると判断したと契約を満了ではなく途中で解約した経緯を報告している。脱退の背後に家族の介入があることを明かすのは異例で、家族側との認識の相違や家族側からの脱退の意志などもオープンにするなど、すべて異例尽くしの発表となった。
 
 その後、嗣永が公式ブログを更新し「本日をもちまして島村嬉唄がカントリー・ガールズ及びハロー!プロジェクトを脱退することになりました」と報告し、そのうえで「正直、まだ現実が受け止められず寂しく悔しい気持ちでいっぱいです。今の気持ちをなんと言葉に表せばいいのか全然わかりません」と複雑な心境を明かしている。更に「これからのうたちゃんを応援していきたいと思います」とエールも。「これから5人で活動していくカントリー・ガールズを、里田まいさんと共に精一杯頑張って引っ張っていきたいと思います」と決意もあらわした。

 異例の発表ということだが、2013年同じくハロプロのアイドルグループ「Juice=Juice」の大塚愛菜(17)が脱退した時も家族との話し合いがこじれ、家族側から契約脱退の申し入れがあったと発表している。中高生ぐらいの子がアイドル活動をするとなれば、家族の協力は必要不可欠。その家族から辞めたいというような話が出れば事務所としても、なかなか説得は難しいだろう。いくら本人が続けたいと思っていても。大塚はその後、ソロでの芸能活動を再開している。島村もまだまだこれから。ソロ活動の可能性はあるのかな・・・。


Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ