℃-ute10周年横浜アリーナコンサートはどう!?

Sponsored Link

 
ハロー!プロジェクトの5人組アイドル「℃-ute(キュート)」が6月11日、結成10周年を迎え初の横浜アリーナ単独公演を開催した。これまではハロプロのコンサートでは立ったことはあったが、グループ単独は初めてとなる。
 リーダーの矢島舞美(23)は念願の場所でのライブに「夢のような感じ。10年を振り返ると本当にいろんなことがあったけど、今いるメンバーが一緒にいてくれて、ファンの皆さんが背中を支えてくれて、この場に連れてきてくれました」「まだまだ皆さんと一緒に見たい景色があって、℃-uteはまだまだ走り続けるので、11年目からもついてきてください!」と涙ながらに感謝し、ファンに呼びかけた。
 
cute1  
 鈴木愛理(21)は「℃-uteはこれからも、まだまっだ夢を追い続けていきたいです」とコメント。
中島早貴(22)は「このステージに立つ事が出来たのは皆さんのおかげ。この先の目標として、みんなでさいたまスーパーアリーナに立ちたいねって言っているので、この先何年かかるかわからないけれど、皆さんついてきてくれますか?」と呼びかけ会場が盛り上がった。
岡井千聖(20)はファン12000人が訪れたことに「今では、こんなにたくさんの方が来てくださるようになって、うれしいです」と語り、最年少の萩原舞(19)は当時トレードマークだった大きなサングラスをかけて登場し、結成1年当時、「無告知ライブ」でのエピソードにふれ、観客が2人しかいなくて「その2人のために『まっさらブルージーンズ』を歌った」と振り返った。
 
cute  
 締めくくりに矢島は「こうして5人でステージに立っていますけど、気持ちは8人で、過去のメンバーにも本当に感謝していますし、過去のスタッフさん、今どこにいるかわからないファンのみなさんにも(笑)感謝しています。さらに上を目指して突っ走る℃-uteについてきてください!」と笑顔で語った。

 9月にメキシコ公演も控える℃-ute。歌、ダンスのパフォーマンスはアイドル界トップとまで言われている。それでも初の武道館は2013年、横アリまで10年かかっている。CDの売り上げも初週はオリコンランキングのトップ10には入るが、総数的にはヒットしているとは言い難い。AKB48がミリオンを連発しているのに対し、その差はあまりにも大きい。パフォーマンスのレベルでは凌駕しているのに、納得できないもやもやが残る。

つんく♂氏をはじめとするスタッフの更なる頑張りにも期待したいところ。さいたまスーパーアリーナでのコンサートが1日も早く実現することを心より祈る・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ