夏菜は好き!?「鏡の中の笑顔たち」

Sponsored Link

 
女優の夏菜がヒロインを演じる映画「鏡の中の笑顔たち」が、5月30日に公開され初日舞台挨拶に出演者が登壇した。しかし劇場は6割ほどの入りで、主演の白石隼也よりも知名度の高い夏菜の集客力に、「朝ドラ女優がヒロインなのに」というような落胆の声が聞こえそうだった。

 夏菜は、2011年嵐の二宮和也主演の映画「GANTZ」出演でブレークし、2012年10月からのNHK朝ドラ「純と愛」にも抜擢された。しかしその後は、テレビ朝日系「ダブルス~二人の刑事」や映画「クローバー」の出演以外では目立った活動は無かった。
スポーツ紙の記者の話では「客席を見渡すと、ガラガラというほどではないにしろ、埋まっていたのは6割ほどで、空席が目立った。メディ取材が行われたのは2回目の上映後の挨拶だったが、初日としてはお寒い状況だった」。
 
natuna  

 夏菜の人気低下は今に始まったことではなく、2014年に発売した写真集「The Gravure」(集英社)の売り上げも、最後の水着という触れ込みの割には初週3000部以下と伸び悩んでいた。

 そんな夏菜にも再ブレークの兆しがあるという芸能ライターは、「今年の5月19日に放送された日テレ系『今夜くらべてみました』に出演した際に、「人に会った時疑って入ってしまう」「スタッフも信じられない。放送本番の日、楽しみにしてますと言われても、絶対そう思っていないだろって」などと、ネガティブトークが一部ネット上で好意的に受け止められていました」と・・・。

 
natuna1  
 この映画は美容界が新たな試みとしてスタートさせている訪問美容がテーマという社会派作品。夏菜の再ブレークの兆しに乗ってヒットと行きたいところだが。女優としての評価がまだ足りず、朝ドラには主演したがブレークには至らず、映画の宣伝で出演したバラエティでのトークで評価されても複雑なところがある。このまま女優として仕事をしていくなら、女優としての評価が貰えるような仕事をしないと。朝ドラヒロインというのは過去の事として、再度挑戦するくらいの気持ちで仕事に当たっていただきたい。朝ドラヒロインが事務所の力とかフロックとかでないなら、その実力を示さないと、今後が心配なことに。


やはり。「GANTZ」の時のような一肌脱ぐくらいの意気込みも必要なのかもしれない。社会派作品を演じるにはハードルが高すぎると世間での評価が付く前に。それとも、ぶっちゃけトークでバラエティに進出するとか、そういう路線変更も有かも・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ