AKB48・島崎遥香に絞ってみました!

Sponsored Link

 
6月9日に放送された日テレ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』に、AKB48の島崎遥香がゲスト出演し、「集団行動ニガテ女」として、元プロゴルファーの古閑美保やフォーリンラブのバービーと共演した。冒頭から番組MCのフットボールアワー・後藤輝基から「AKBなんて集団行動の最たるもの」と指摘されると、島崎は「ちょっと間違えました」とAKB加入を悔やむような発言も。

 その中で、選抜メンバーのグループLINEを卒業したことを告白し、後藤から「アカンやろ!」とツッコまれていた。島崎によれば、このLINEはプロデューサーの秋元康氏と選抜メンバーの16人からなり、メンバー間で色々な仕事の話が繰り広げられているらしいが、島崎は「別に知らなくてもいい」「他の人が何を言っても興味がない」と淡々と語り、また、「私が意見を出したとしても、私の意見は通らないので、言っても意味がない」「だいたい先輩の意見が・・・」と諦めの言葉も。後藤の本音を探るようなツッコミに対しても、否定しつつも笑いをこらえきれず、またツッコまれる始末。

 島崎がグループ活動をするとき、楽屋などでは周りにバックを置いて自分だけの空間を作り、「ひとりでいる」と説明。後藤から「メンバーから声を掛けられるの嫌?」と尋ねられても、「掛けてくる人はいないです」と驚きの事実を明かし、「集団でいる女子たちが苦手」ときっぱり。集合写真などでも常に端っこにいて、中央にいる人について「そういう人が信じられない」と首を振っていた。同グループの40枚目のシングル「僕たちは戦わない」ではセンターポジションを務めているにもかかわらず・・・。
 
simazaki  
 塩対応(そっけない、味気ない)で有名な島崎だが、自身AKBに入ったことも「間違い」と語る。
ある意味嫌われても不思議ではないが、逆にほっとけないキャラとして人気も高い。それが狙いなのかと思えば、この番組でどうもそうではないようだと思える。昨年の世界で最も美しい顔ランキングで、56位に入るほどの美少女。魅力的な笑顔を引き立てているのは、ある意味その困り顔にあるのかもしれない。媚びず、群らがらずそれでも可愛がられる、我流を貫きつつも慕われる。なんか得しているような、それでいてストレスを抱えているような、その困り顔が何とも言えない。今後はどのような活動をしていくのだろうか。AKB加入が間違いだったとういうくらいだから、全く別のことでも始めそうだけど、塩対応でも出来る仕事というと・・・。

芸能人とも話せる!新世代トークアプリ!でみてみる

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ