続。「AKB総選挙」視聴率を振り返る。

Sponsored Link

 
6月6日に行われたAKB48 の「第7回選抜総選挙」は、投票総数約329万票に達し昨年を約60万票も上回り過去最高となった。昨年のシングルの平均売上枚数は前年比で7%ダウンしているのに、なぜ投票熱は高まっているのだろうか。

 異変というべき兆候は、5月20日の投票権付きシングル「僕たちは戦わない」発売初日から始まった。初日にいきなり、147万2千枚というオリコン歴代最高を記録した。選挙戦に入るまではこれといった話題の無かったAKB48 。シングルは2011年の「桜の木になろう」から21枚連続で、100万枚を突破するミリオンセラーを記録。音楽不況の中で圧倒的な売り上げを誇ってはいたが、今年3月発売の「Green Flash」は104万1千枚と2011年以降最低を記録していた。
 露出の方でも、ニホンモニター調べの女性タレントCM起用社数ランキングでは、11・12年ではトップ3をAKBのメンバーが独占したが、13年には3位までには一人も入らず、14年では3位タイが最高に。前田敦子、大島優子らの人気メンバーの卒業とアイドル戦国時代と増えた女性アイドルにファンが流出したことなど、減速の要因はさまざまだが、今回の総選挙では視聴率も前回を上回った。
 

 
いったい誰が投票しているのだろうか?
 投票数は右肩上がり。最初はお祭り騒ぎのイベントだったが、投票結果が彼女たちの露出に影響し、将来にもつながると分析し、「世間一般の関心は低くなったが、ファンにとって選挙は大事になっている」「ファンは選挙に『義務感』と『達成感』を見出している」と社会学者の濱野智史氏は語る。また、選挙プランナーの三浦博史氏は「有権者」の心と財布をわしづかみにする選挙戦術に着目する。「インターネットで投票でき、結果は次のCDの立ち位置に反映される。メンバーの入れ替えなど話題にも事欠かない。こうした「有権者第一の姿勢」を評価する」。本当の選挙では、低投票率が続き、政治への無関心が広まっている。「政治に関心を持て、というのは上から目線。話題を作る、投票の利便性を高める、公約は実行する。1人1票でないというような違いはあるが、政治が見習っていい点は多くある」と語る。
 世間の関心の低下は否めなくても、熱心なファンの投票は増えている。ただ視聴率は、フジテレビが独占放送をしたことや、映画館などでのライブ配信をしなかったことなどで、どうしても地上波を見るように誘導したからこその数字で、それでも高かったのは最後の1時間だけ。熱心なファンの下支えだけでどこまでモツのだろうか、AKBの先行きは・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ