大活躍中の女優・有村架純の化粧が!!

Sponsored Link

 
ドラマやCMなどで大活躍中の、女優・有村架純(22)が5月31日、JRAブランドCMキャラクターを務める俳優の瑛太(32)と共に、東京競馬場で行われたG1「第82回日本ダービー」の表彰式にプレゼンターとして登場した。
 日本ダービーは、東京競馬場(府中)の芝2400mで行われる。2012年に生まれた3歳馬の頂点を決める重賞レースで、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が最高の栄誉と憧れるレースでもある。
 
arimura  
 瑛太は「競馬を経験されている先輩方からダービーの迫力を聞いてすごく楽しみにしていましたが、想像を上回る迫力で感動しました。馬一頭一頭がたくさんの人の気持ちや夢を乗せて走っていることにすごく胸を打たれました。競馬というものをもっとたくさんの方々に伝えられたらいいなと思いました」。
 有村は「みなさんの歓声の量が凄くてビックリしました。実際にレースを見て、表彰式で一頭に携わる人の多さやみんなが馬や騎手を愛していることを感じて、競馬は賭け事だけでなくロマンがあると感じ、本当に感激しました。走り終わった後、馬と騎手がキスしている姿を見て、人馬の気持ちが繋がっているのを感じました。今日、日本ダービーに携われたことを幸せに思います」と、それぞれコメントした。
 レースは1番人気に支持された皐月賞(G1、中山競馬場)優勝馬ドゥラメンテが中段から直線抜け出し、後続を抑えダービーレコードとなる2分23秒2で優勝。クラシック2冠を達成し、優勝賞金2億円を獲得した。
 


 
 話題は変わるが有村架純は『VOGUE JAPAN』2015年7月号に登場。今シーズン流行中のフラットシューズをモードに履きこなし、すらりとしなやかな美脚を披露している。他では見せたことの無い、モードな表情も見せている。
 ナチュナルメイクが多い有村にとっては、はっきりめのアイラインや真っ赤な口紅などはかなりアダルトでもあり、大人の色香を感じさせる。ただネット上ではあまり好評ではないようで、「別人見たい」「うーん、有村さんはこういう路線じゃないと思う」「似合ってない。」など不評が多く、やはりナチュラル系の方が良いみたい。
 これから益々活躍が期待される有村架純。いろんなことに挑戦するのも女優として幅を広げるという意味ではいいことだが、あまり違う路線への変更は時期が早すぎるのでは。やはり事務所主導なのだろうが、失敗すると能年玲奈のようにもなりかねないだけに慎重な仕事選びも・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ