CM・au「三太郎」シリーズ「乙姫登場」篇に菜々緒!

Sponsored Link

 
6月1日よりauのCMシリーズ“三太郎”で「乙姫登場」篇が放送が開始され、新キャラクターとして菜々緒が登場することが明らかになった。同CMは松田翔太、桐谷健太、濱田岳が、それぞれ桃太郎、浦島太郎、金太郎を演じる人気シリーズ。 
 新ストーリーは、手に乗せた亀に導かれて三太郎がやってきた竜宮城で、乙姫とのやり取りを描くもの。浦島太郎にはデレデレと甘いが金太郎にはキツく当たる、そんな乙姫と浦島太郎とのただならぬ関係を察する桃太郎の姿がコミカルに描かれる。
 菜々緒は今回から登場する新キャラクター“乙姫”で竜宮城の女将、ドSでツンデレという設定。リハーサルの段階から三太郎とは息もぴったりで、勝手に玉手箱を開けようとする金太郎を怒るシーンでは、あまりの迫力に「イメージ通りすぎる」という声が現場から聞こえるほど。美しい乙姫姿とは一転して、ドSをさく裂させる菜々緒に、ネット上では「菜々緒ちゃんは意地悪い上司とかドSな役柄が似合うし俺は好み」「イメージ通りだな」「まさに菜々緒様‼」「しかし美人だな」など絶賛の声が上がっている。
 
nanao  
 公開されたTVCMはもう1本「かぐや姫の家族」篇。こちらは三太郎がかぐや姫の家で話をしている。金太郎が「かぐちゃんの家族って、結婚に反対しなかったの?」と聞くと、かぐや姫は「家族一人ひとりがね、大喜び!」「1番喜んでくれたのは、おとちゃんかなー」と、金太郎と浦島太郎がお父ちゃんと勘違いするところを「おとちゃん」と訂正。三太郎が「おとちゃん?」「誰だっけ、それ?」と尋ねると、かぐや姫は「乙姫」と答え、つづいて「お姉ちゃん」と・・・。「え?そこも家族なの?」と絶句して倒れる浦島太郎、気を失いながらもなぜか笑っている。
かぐや姫と乙姫が姉妹という展開、今後どうなっていくのか?金太郎にも家族は出来るのか、期待は膨らむ。
 


 
 過熱するスマホ業界と相まってCMの方も人気が分かれてきている?ソフトバンクの「白戸家」とauの「三太郎」。ストーリーを持たせつつ、多彩なキャラクターの登場で見る側を飽きさせない。三太郎も新たなキャラの登場で、次の展開が楽しみに。CMの評判が携帯やスマホの売り上げにどれほど影響しているかは知らないが、ドコモの「得ダネを追え!」篇での綾野剛と堤真一のキャスティングはなかなかだが、多少地味でわかりにくいかなと。ドコモの一人負け状態は続いているが、こういうところでも差があるのだろうか。最近のCMは商品よりも企業イメージを訴えるものが多いが、ドコモのイメージは・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ