モーニング娘。春ツアーファイナル!を終えて。

Sponsored Link

 
5月27日、昨年11月にリーダーの道重さゆみが卒業し12期メンバー4人が加入して13人体制になったモーニング娘。’15が、東京・日本武道館で春の全国ツアーのファイナルを迎えた。
 
moni3  
 9代目のリーダーとなった譜久村聖(18)は、13人での初のツアーを無事に完走出来たことに感無量の表情を浮かべたが、「この日本武道館のステージ。私たちにはまだ早いんじぁないかなと思って心配でした。ツアー中にファンの方から応援してもらいながら徐々に成長していけたように思います」と語った。また、「武道館は早いと思っていたんですが、チャンスは逃したくなかった。これからも13色のペンライトで私たちを応援してください」と、ファンに語りかけた。
 エースとしてグループを牽引する鞘師里保(16)は「正直、13人体制になってから自分たちはモーニング娘。という名前に負けているんじゃないかなとか、ツアーに誰も来てくれないじゃないかって思ったりした」と本音を漏らしたが、会場からの大声援が送られると「新しくスタートを切った私たちにたくさんのファンの方がついてきてくださって、支えてくださった」「このツアーをやってく中で自信もついて、13人の新しい形を皆さんに見せられることができました!明日(28日)には17歳になります。明日からの私を応援してください」と満面の笑みでファンに応えていた。
 
moni  
 石田亜佑美(18)は「いままでの私は新しい自分、大人になった自分を出すのが恥ずかしかったけど、自分を見せることが楽しくなってきました!これからもいろんな私を応援してください」笑顔で語り、サブリーダーの飯窪春菜(20)は「MCを任される部分が多くなってプレッシャーだったけど、成長につながったと思います」と喜んだ。ダイエット宣言をしていた鈴木香音(16)は「最近会う人に『やせたんじゃない』って言われるようになってうれしいです」と笑いも取っていた。
 また、新メンバーの牧野真莉愛(14)は「モーニング娘。の一員になれたことがうれしい!」、羽賀朱音(13)は「今日、加入して初めての武道館でパフォーマンスができて楽しかったです!」と興奮気味に喜びを語った。
 
mini2   
 3月より13会場32公演で約5万人を動員した同ツアー。この日のライブでは1曲目から新曲の「青春小僧が泣いている」でスタート、「Help me!!」「わがまま 気のまま 愛のジョーク」などアンコールを含む27曲を熱唱した。来月からはメンバーを中心にしたミュージカル「TRIANG-トライアングル-」もスタートする。さらに経験を積んで、一段とパワーアップするモーニング娘。に期待する・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ