NHK大河ドラマ「花燃ゆ」に田中麗奈が出演した意味は!

Sponsored Link

 
5月22日、女優の田中麗奈(35)が、大河ドラマ「花燃ゆ」に、長州藩、最後の藩主・毛利元徳の正室、毛利安子(銀姫)役で出演することが明らかになった。7月12日の第28話からの登場となる。田中は2012年の「平清盛」で由良御前役で出演して以来2度目の大河出演。今回もお姫様役ということで「オファーをいただく際、私にぴったりの役だと言っていただいたのはとてもうれしかったです」とコメントした。
 
tanaka  
 銀姫は、1843(天保14)年、長府藩主の毛利元運の次女として生まれ、長州藩主の毛利敬親(北大路欣也)の養女となり、元徳を婿に迎える。1865(慶応元)年、第1子の長男・元昭を出産する。結婚8年目で授かった男子のため、入浴も自ら行い愛育していた。この時に元昭の養育係を任命されたのが、禁門の変で夫を亡くし、美和と名を変えて奥御殿で女中を務めていた久坂文(井上真央)だった。今後、銀姫は美和と共に奥御殿の古いしきたりを変え、激動の長州藩を支えていくことになる。
 田中は「奥のお姫様役ですが、形式とかしきたりとか、通常の枠からはみ出してる人で、すごく刺激的な役だと思っています。安子は文さんの考え方を面白いと思っているので、文さんとのやり取りを大切にし、それによって安子の人物像が出て行くように演じていきたいと思っています。文さんとの共演が楽しみです」意気込みを書面でコメントを寄せた。
 
tanaka2  
 女優井上真央主演の大河ドラマ「花燃ゆ」。5月17日には2度目の一ケタ9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東版)を記録、低迷が続いている。NHKとしても、視聴率回復に躍起になっており、いろいろとテコ入れ策が練られているようだが、田中麗奈の出演発表もその一環だろうか。ただ田中の銀姫も、歴史的認知度はどうなのだろうか。個人的には全く知らない、この記事を書いていて初めて知ったというところ。あくまでも個人的な意見であり世間一般的にはどうかは知らないが。

たぶん今後もテコ入れ的に、特番を組んだりやゲストキャラを登場してくるかもしれないが、歴史的背景や主人公の文の知名度が低いことから誰をもってきても変わらないだろう。それでも止めることも出来ず記録の更新だけが、噂されている。「平清盛」後しばらくドラマ等に出演しなかった松山ケンイチのようになってしまわないか、とんでもない難役を受けてしまった井上の今後が心配だが、結婚まで噂されていた交際相手と名前のあがっている彼も、気が気ではないのでは・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ