トリンドル玲奈が女優へ転身!本当!?

Sponsored Link

 
最近では、ハーフタレントも増えその出演枠の争奪戦が起こっていると聞く。何かトラブルを起こしたり、休養なんかするすぐに誰かに取って代わられてしまう。そんな中モデルでタレントのトリンドル玲奈(23)に女優としてのオファーが多数寄せられていると。
とある芸能事務所関係者の話では「ここのところ、彼女を起用したいというドラマや映画のプロデューサーの声をよく耳にします。どれも主演級の話なので、びっくりしてますよ。今後は、完全に女優路線にシフトするようです」と語った。
現在、テレビ東京系の「不便な便利屋」に出演中のトリンドル。昨年もフジ系の「ロストデイズ」や、宮藤官九郎脚本のTBS系「ごめんね青春!」に出演するなど、女優としての地位を固めつつある。どうもそこには本人強い希望もあるらしい。
あるファッション誌関係者は「本人が事務所に『バラエティは、もう嫌ッ』と、きっぱり言ったらしいです。理由は『素が出てしまって難しいから』だという。周囲では、その素の部分がウケていると何度も説得したようですが、かたくなに譲らなかったと。 あのコミカルな雰囲気が人気だったのですが、これからはモデルと女優の2本柱で行くそうです」と。
 
dori  

 同じ事務所の菜々緒も一時期は、バラエティにも出演していましたが、最近では女優とモデルの仕事がほとんど。
とある映画関係者の話では「トリンドルは、7月にもNHK BSプレミアムで主演ドラマがあり、園子温監督の主演映画「リアル鬼ごっこ」の公開も控えています。演技の評判も上々ですし、何よりも本人が『演技の方が楽しい』とノリノリで、スタッフ受けもいいですし、余程のスキャンダルでもない限り、若手女優の有望株として引っ張りだこでしょうね。」と語る。
激戦の続くハーフタレント枠。一足早く卒業し、新たな道で活躍しそうだ。
 
dori2  
 一時期辛口のコメントで人気だったハーフタレントのマリエも、留学から帰国したらその席にはローラやダレノガレが座っている。今となっては、かつてのポジションは無い。ひな壇にすらその席が無くなっている。出入りの厳しい世界だが、ただのタレントではなく、女優としての道を拓ければ仕事の幅も広がるだろう。ただこちらも実力社会。いくらバックが大きくても、評判が悪ければ消えていく。そんなアイドル崩れやモデル崩れの女優たちも、実力のある若手に淘汰される日が来るのだろうか・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ