映画ファンの怒りをかったEXILE!

Sponsored Link

 
6月20日から公開される映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の主人公のマックス役の、日本語吹き替えを務めるのがEXILEのパフォーマーAKIRAと発表されてから映画ファンの怒りの声が上がっている。「雰囲気だけで吹き替え素人を選ぶな!」「映画が台無し。絶対に許さない!」など。
  
akira  
ある映画誌記者は「以前、ウィル・スミス主演の『ハンコック』で重要人物の吹き替えをEXILEの眞木大輔が担当した際、ありえないほどの棒読みで炎上したことがある。最近は吹き替え版に特化したDVDが売り上げを伸ばすなど需要はあるものの、一時的に劇場の観客を伸ばせても、DVDを購入するような熱心な映画ファンからは敬遠される恐れがある」と語る。
過去には、人気海外アニメ『シンプソンズ』で映画化にあたり、テレビアニメシリーズの吹き替えのプロの声優を切り捨て、タレントやお笑い芸人を起用した。そのことでファンや著名人から猛反発をくらい署名運動にまで発展してしまった。結果的には、DVDには劇場公開版とシリーズの声優によるオリジナル版の2つが収録されることに。
 
mad  
前出の記者は「PRとしての手段として、吹き替えに芸能人を使っておけば、ワイドショーがこぞって宣伝してくれる。そのために今後も芸能人の声優起用をなくすことは難しいでしょう。ただ、これで苦労するのは起用された芸能人の方で、今回のAKIRAも映画ファンから目の敵にされる可能性がある」と。
 ただ、ジブリやディズニー映画で吹き替えを担当する芸能人は、世界観を壊さない演技を見せるため反発は少ないが、一方では、映画会社の都合で犠牲になる芸能人も後を絶たないという現状も。昨年の「アナと雪の女王」では松たか子の日本語挿入歌が爆発的ヒットとなり、主演の声優を担当した神田沙也加も、一躍時の人状態にまで知名度を上げた。だがこれほど絶賛されるの殆ど異例で、日本語吹き替えに対して芸能人の起用に反対する声が多いのも現実。
今後も宣伝・話題作りのために芸能人が起用されることもあるだろうが、映画ファンの声を無視するような芸能人の起用は収益に結びつかなくなるかも。映画の宣伝で記者会見などに応援隊のように出てくる分にはまだ良いが、吹き替え声優にまでしゃしゃり出てこられてのでは興ざめというもの。

事務所のゴリ推しも分かるが顔出しまでに止めていただきたい・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ