大河ドラマ「花燃ゆ」が視聴率低迷で打ち切り!?

Sponsored Link

 
4月12日放送の大河ドラマ「花燃ゆ」が視聴率9.8%を記録し、初の一ケタ台となり波紋を呼んだが、異例の記者会見で主演の井上真央が「いろんな問題がありますが、主演である以上、私の力不足ですとしか言えない」と語り、公開謝罪と話題になった。
この会見後、一部のマスコミから「主演女優に責任を押し付けるとは何事か」というような批判が相次ぎ、視聴者からもNHKに対して「一生懸命に演技している彼女に責任を押し付けるのか」と批判が殺到した。ところが、今度はNHKがマスコミに猛抗議。視聴者やマスコミから批判され、その反撃先をマスコミに向けてきた。まさか視聴者に矛先を向ける訳にもいかず、マスコミに八つ当たりする格好。会見での謝罪後視聴率が上向きだが、せっかく吹き始めた追い風をマスコミを敵に回すことでふいにしそうだが。
 
hanamoyu  

 元々この「花燃ゆ」は、安倍首相のお膝元である山口県を舞台に、首相の肝いりの企画と言われ、準備期間も十分に取らないまま撮影に突入。放送を早めるために、シナリオも急がされ、キャスティングや設定などにも時間がかけられなかった。そこにもってきてこの低視聴率。安倍政権に批判的なマスコミには格好のネタに。そのとばっちりを食らった井上こそ、一番の被害者かもしれない。
視聴率が一ケタになった時は打ち切りなんて噂も出たが、何せ、安倍首相の肝いり企画そう簡単に打ち切りなんて出来ない。あらゆる手を使っても視聴率を狙ってくるだろう。第2部に入り、幕末の動乱の中、高杉晋作や坂本龍馬が活躍する場面になってくるが、盛り返すチャンスはあるのだろうか。井上の謝罪効果による同情票だけでは、いずれ底を尽くだろうが。次は誰が謝罪するのだろうか、お涙頂戴作戦の行方は。個人的には、1年間続ける大河ドラマ、この企画自体がもう無理なのでは。莫大な費用をかけて、あれだけの役者を1年間拘束する。受信料で成り立っているNHKだかこそ出来ることだが、それももう時代に合わなくなってきているのでは。
 
hanamoyu2  
それにしても、公共放送局とはいっても現行政権の長に媚を売るような番組を作る、こんな事が許されていいものだろうか。税金のように強制的に徴収される受信料を巡っては、法廷論争にまで発展している。こんな問題だらけのNHKに、公共放送局なんて言わせておいていいものだろうか。NHKをありがたがって見ていた時代はとっくに終わっている。抜本的な構造改革が必要なのは、NHK本体かもしれない・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ