きゃりーぱみゅぱみゅ 運転免許取得していた!?

Sponsored Link

 
8日、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが「パイオニア×レコチョク共同記者発表会」に出席した。先月、自身のツイッターで自動車運転免許の仮免許に合格したことを報告していたが、5月中には免許を取得できる見通しを明かした。
 一部週刊誌では、先月仮免許の筆記試験に落ちたと報じられたが、「頑張ってるんだからほっといてよね」とツイートし、15日には無事に仮免許試験に合格したことを公表していた。きゃりーは「忙しかったりで(教習所には)8カ月ぐらい通っている」「追い越し禁止とはみ出し禁止の違いが難しくて」と仮免許取得までの苦労を語ると、「明日ぐらいまでには教習所の試験を終えて、卒業検定をして、本試験の勉強をしなくちゃいけない」とし「5月中には取れると思う」と近々の免許取得を報告した。
 
kyari2  
 この日は、先日ツイッターで報告していた、おなじみの「金髪ショートボム」に道路と音符をあしらったきゃりーらしいキュートな衣装で登場。「道路とか標識があったり、あと『トーキョーハイウェイ』って曲のサビの音符になっています。すごくかわいらしくて気に入っています」と語った。
 免許取得後、ドライブに行きたい相手については、交際中の「SEKAI NO OWARI」のFukaseではなく「仮免許の時にトラックの運転手をしている友達とドライブしていろいろ教えてもらっていたので、その人と一緒にドライブしたい」と意外な告白。行きたい場所については「海ほたるにいきたい」と、「いつも電車とかタクシーで移動していたので、車だからこそ、行ける場所に行きたい。あと、気になるのは鳥取砂丘。めちゃめちゃ遠いので、飛行機で行って、レンタカーで行きたい」と免許取得を待ちきれない様子。
 
kyari  
 きゃりーがスペシャルナビゲーターを務めるのはパイオニアとレコチョクが提供する「ミュージッククルージングサービス」。パイオニアナビゲーションシステムの新機種向けに提供するレコチョクの音楽配信サービス。レコチョクの音楽ストリーミングサービス「replay」の楽曲をもとに、自動車の中で音楽を楽しむためのサービス。

 最近では免許や車を持たない若者が増えていると聞いたことがあるが、そこに若者向けの音楽配信サービスがどれくらい受け入れられるものだろか。しかも利用には、月額3000円(税抜)のレコチョクの音楽配信サービスへの契約とスマホが必要。車の中だけでなくスマホでも使えるのはいいが、音楽で月3000円はいかにも大きい。一体どこをターゲットにしているのやら・・・。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ