あまちゃん再放送で じぇじぇじぇ~ 能年玲奈洗脳疑惑の真相!?

Sponsored Link

 

2013年NHK朝ドラ「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈に、芸能界を揺るがす大騒動が巻き起こっている。彼女が「生ゴミ先生」と慕う演出家の滝沢充子氏に、洗脳されているというのだ。発端は今年の1月、能年さんが所属事務所に無断で自信が代表取締役、滝沢氏も取締役を務める会社を設立したこと。そこで「あまちゃんが独立か!?」と騒がれたということらしい。
 
nounen2  
 もともと、滝沢氏は能年さんの事務所に依頼されて、彼女の演技指導を担当していた。その最初の講座で、人格が崩壊するほどのダメ出しをされ、「あなたはこの仕事をしなければ生ゴミね!」と言われたことがそうとう能年さんの心に、効いたようだ。以来、教祖と信者のような関係になっていったらしい。噂では、滝沢氏は能年さんのマンションで同居しているという話も。

 週刊誌の報道では、あくまでも滝沢氏は能年さんの両親に頼まれて身の回りの世話をしているだけで、新会社については、能年さんの描いた絵やグッズを販売する会社で所属事務所との契約には抵触しないと、肖像権は所属事務所が保有し、契約も続いていると。現在、所属事務所のレプロと能年さんは弁護士を立てて協議中との事、今後の成り行きはいかに。
というのがこれまでの報道だが、新たな情報が入ってきた。能年さんの独立・洗脳騒動は所属事務所のレプロでさえも把握していなかったことなのに、突然複数のメディアが動き出したのはなぜだろうか。どうも黒幕の存在があるようで。これも週刊誌の記事だが、芸能界のドンが絡んでいると。芸能界のドンといえはバーニングプロダクションの周防郁雄氏。どうも一連の情報元となっているのが、このバーニングプロダクションの周辺らしい。もともと、レプロはバーニングの傘下ではあるけれど、メディアの評判は良くない。それと、騒動発覚前に周防氏とレプロの社長との間でトラブルがあったらしい。そして今回の騒動、メディア対応はどうもトラブルに対する報復だとみられる。
 

nounen1  
能年さんはもっと仕事がしたかったようだが、「あまちゃん」後の出演は、映画2本と短編ドラマ1本、不満はあったのでは。バックに大物が付いた能年さんは、このまま独立となるか?。レプロ側もバーニング相手では、あまり口出しも出来ないでしょうから、近いうちに、バーニングかその関連事務所の所属となった能年さんが、どこかのステージに上がる日も近いのかも。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ