マッサン スピンオフ 早見あかり(すみれ) NHKドラマ

Sponsored Link

 
3月末で好評のうちに終了した、NHK連続テレビ小説「マッサン」ンぼスピンオフドラマ「すみれの家出~かわいい子には旅をさせよ~」が4月25日、後編の「たそがれ好子~女三人寄れば姦(かしま)しい~」が5月2日にNHK BSプレミアムで放送される。
 
masan  
4月25日放送分のあらすじは、
大正13年のある日、マッサンこと亀山政春(玉山鉄二)の妹・すみれ(早見あかり)は思い詰めた表情でなぜか大阪・住吉の食堂「こひのぼり」の前にいた。実はすみれは、広島から家出をしてきたのだった。料理の匂いと広島弁に誘われ店に入ったすみれは、春さん(及川いぞう)に頼みこみ、住み込みでこひのぼりで働くことに。そこに血相を変えたマッサンが駆け込んでくる。さらに、広島から島爺(高橋元太郎)、そしてエリー(シャーロット)も店にやってくる。島爺が家出の理由をたずねると、すみれは…。

出典NHK連続テレビ小説「マッサン」
 という内容だがフュチャーされたのは、早見あかり演じる“すみれ”。どうやら家出の理由は、恋愛が絡んでいるようで。とオンエアは既に終わっているので感想はそれぞれだろう。5月2日放送分のあらすじもすでに公表されているが、ここでの記載は辞めておこう。ただ江口のり子演じる“好子”が池田(前野朋哉)と駆け落ちしてきて・・・という内容らしい。
NHKの朝ドラのスピンオフ自体が珍しいということだが、前後編の2部作となると初の試み。
本編には、登場いていない新キャストも登場するということで、どうも最近のNHKは調子に乗っているようだ。ただ、放送がNHK BSプレミアムということでどれほどの数字になるか。
 
masan2  
 早見あかりは、2008年からアイドルのももいろクローバーのメンバーとして活動し、2011年に自らの意思で脱退し、女優の道へ。「マッサン」の出演で大きく知名度を上げ、今年公開された映画「百瀬、こっちを向いて」では長編映画で初主演も果たした。4月からはTBS「A-studio」で司会の笑福亭鶴瓶の7代目アシスタントにも抜擢され活躍の幅を広げている。日本人離れしたはっきりした顔立ちは、舞台映えしそう。本人も実年齢に近付いてきた語り、もう1・2年すれば更に女性としての魅力も増して美女に磨きがかかるのでは。
女優としても、バラエティでも更に活躍が期待される若手の一人になりそうだ。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ