ももいろクローバーZ『高城れに』が大成功!

Sponsored Link

 

3月9日に、ももいろクローバーのメンバーの高城れに(21)が、名古屋のNAGOYA CLUB QUATTROでソロコンサートを行った。会場のキャパシティは約2000人。
ももいろクローバーのメンバーがソロコンサートを開催するのはこれが初。
4回公演あり、1回の公演時間は60分だった。1部は10曲、2部から4部は8曲を披露した。
4回のうち、1回は「ももクロぴあ vol.2」のコンサート入場券を持っている人のみが入場できた。
セットリストは斬新なもので、高城自身の持ち歌の他に大塚愛の「ポンポン」やレミオロメンの「3月9日」、吉田拓郎び「馬」、奥華子の「Birth day」、さらには大ヒット映画のアナと雪の女王の挿入歌である「とびら開けて」なども披露した。
1部から4部まではすべて違うセットリストが構成されていた。
2部では、元ももいろクローバーのメンバーの伊倉愛美が飛び入り参加し、高城と共に2曲歌唱し、客席を驚かせた。
また、ファンが自由に高城を撮影することのできる「撮影タイム」なる時間が存在し、ファンを大きく沸かせた。この撮影会は、3部を除く1,2,4部で開催された。
「撮影タイム」のなかった3部では、比較的ボーイッシュな格好をしていた1,2,4部とは違いパステルカラーのドレスにピンクのニーハイソックスという格好で登場し、髪型も会場が名古屋であることを意識してか、いわゆる「名古屋巻き」という髪型に変えた。
また、3部の途中に高城がメンバーの玉井詩織に生電話した際には、玉井に自身のソロコンサートを開催することを約束させた。
4部では、ハゲヅラにサングラスにマフラーというアイドルらしからぬ格好で登場し、松山千春の「長い夜」を熱唱した。歌い終わりに物真似も披露したという。
 
3.11  


コンサートに参加したファンからは、「言葉で表すのが難しいくらい幸せ」「終始号泣だった」「音楽の力を教わった」「一緒の時を生きられることに感謝」など、大絶賛の嵐だった。
また、今回のコンサートの中で来年の同日に2度目となる高城のソロコンサートが開催されることが発表され、ファンは早くもそれを心待ちにしている。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ