「忘れないと誓った僕がいた」 に出演決定

Sponsored Link

 

細かい時期はわからないが、映画『忘れないと誓ったぼくがいた』が、2015年に公開されるらしい。

そこで早見あかりがヒロイン役に抜擢されたんですね。


image



この作品は、平山瑞穂による同名ファンタジー小説を映画化したもの。平凡な高校3年生の葉山タカシと、タカシの一目惚れ相手で、会った数時間後には会った人の記憶から消えてしまう少女・織部あずさ(早見あかり)が、運命に抗おうともがく姿を描いたラブストーリーになっている。

自分だけは絶対にあずさを忘れないように奮闘する主人公・タカシ役を演じるのは、村上淳とUAの息子で、河瀬直美監督の映画『2つ目の窓』で俳優デビューを果たした村上虹郎。人々の記憶から消えてしまうという運命を背負った女子高生・あずさ役を演じる。

早見あかりは自身初となるキスシーンなんですね~(~_~)。監督は、映画『ベロニカは死ぬことにした』『センチメンタルヤスコ』などで知られる堀江慶。

村上は早見について、「あかりちゃんに初めてお会いしたとき、面白いほど似た匂いを感じました。言葉を交わさずとも分かり合える部分が多く、誕生日始め性格から体質まで似てます。撮影を重ねていき、決定的に違うのは相互交差する朝と晩のテンション。双子のような二人が本番の声と同時に純愛に走る姿は自分たちでも面白く、楽しいです」とコメント。同じく早見も村上について、「生年月日が2年違いではありますが、同じ3月17日、そして魚座、A型と共通点が多く、性格もよく似ていると話しています。自由気ままに楽しそうにお芝居をする虹郎君を見ていると、元気をもらうことが出来、撮影中とても助けられています」と語っている。

いろんな偶然も重なって仲良く映画撮影が進めばいいですな。着々と女優の実力をつけてもらいたいですね。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ