「ウレロ☆未解決少女」の早見あかりは日本一ビンタが上手い女優!?

Sponsored Link

 

urero2  

‎「ウレロ☆」シリーズの3作目『ウレロ☆未体験少女』のDVD&Blu-ray発売記念イベントが、都内のイイノホールにて行われ、1作目から出演している劇団ひとり、バカリズム、早見あかり、東京03の角田晃広、飯塚悟志、豊本明長らが登壇したね。

開演のブザーが鳴り終わるとステージに姿を現したのはなぜか角田ただ一人だった。劇中で身につけていた赤いジャケットとギターを背負い、「よく来たな!」と観客に挨拶。観客から「ハゲ!」や、「ブー!」などとブーイングを受けながら「STAY DREAM」を大熱唱する中、バカリズムと早見あかりが、「ウレロ☆」ではお馴染みとなっているスリッパを持って登場。

気持ちよく歌う角田の口にスリッパを突っ込み、跳び蹴りをくらわすなどの強硬手段でリサイタルを中断させた。さらに、「楽しそうなこと、やってんじゃねえか!」という台詞とともに、IQG(アイドルクイーングランプリ)のため、海外に行っているはずの劇団ひとり、飯塚、豊本が観客席の扉から登場したよ。出演者が全員揃い、客席から大歓声があがった。

しかし、全員の登場までに時間を使いすぎたようで、「ホールを使える時間が限られています」と紺野あさ美アナウンサーから叱られ、少々急ぎで番組公式Twitterから寄せられた質問に答えるコーナーがスタートすることに。昨年の10月に再婚したばかりの角田に「再婚生活はいかがですか?」と質問がとぶと「順調です。プライベートな時間で、一緒に食事したり、どこかに出かけたり……抱いたりとかしてます」という角田の答えに、劇団ひとりが「週何回ぐらい抱いてるの?」「子供は?」などノってくるが、「聞いてる途中でどうでもよくなっちゃった」と飽きられる場面もあった。

さらに、「9月から朝ドラ女優になる早見さんを見て、1作目から変わったと思うところは?」という質問が飛びだし、劇団ひとりは「コミュニケーションがとれるようになった。最初は輪に入ろうともしてなかったよね?」と。早見は「最初はそうだったかもしれませんが、今は親戚のおじさんに久しぶりに会いに来た感じ(笑)第3シリーズになったら豊本さんから本気で蹴られるようになったりと、それが信頼の証のような気がしてうれしかったです」と、だんだん慣れてきたことを明かした。

バカリズムからは、「でも、やるほうも慣れてきたよね? 日本で一番ビンタが上手い女優だと思う」との声があがり、ステージ上で角田をビンタすることに。“100%眼鏡を落とすことができる”と自信満々の早見だが、1発目、2発目は眼鏡が落ちず、3発目でやっと落とすことができ、見事な技に観客から拍手がおくられた。

最後に、来年行われる舞台「ウレロ☆未解決少女」の意気込みを聞かれたメンバーだが、「まだ何も聞いてない。どういう設定なのかも知らない」とのこと。タイトルが“未解決”なことから、「じゃあ何か事件が起きるんだな」と、ステージ上で話し合う始末。

そんな中、番組プロデューサーの佐久間宣行が登場し、「みなさんにはギリギリまで教えません。ゲストに在日ファンクと、荻野可鈴ちゃんと、もう1人大物俳優をキャスティングしています。脚本のオークラさんに、書いてる途中で変わるかもしれないからまだ言うなって言われてるんです。楽しい音楽劇になると思います!」と、舞台の内容はまだ明かされないままイベントの幕を閉じた。
 
urero  
何にせよ、早見あかりはどんどん大人になっていくね~(笑)

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ