朝ドラのヒロイン役 シャーロット・ケイト・フォックス

Sponsored Link

 
早見あかりが出演する9月からのNHK連ドラ「マッサン」!
その中でW主演の玉山鉄二の妻役(エリー)のシャーロット・ケイト・フォックスに今日はフレてみようと思います。

 

masan  
シャーロット・ケイト・フォックスは、米ニューメキシコ州サンタフェ出身の女優で身長167センチ、そして既婚者なんですね。業界のキャリアは約10年ほどで、米国では舞台を中心に活躍しており、かの有名なミュージカル『シカゴ』などにも出演した経緯の持ち主!

今回のオーディションをネットの掲示板で知ったらしく応募!初の日本作品出演で国民的ドラマのヒロインになったんです。このオーディションは日本人だけでは無いようで、外国人も289人いたらしいです。ちなみに日本人(国内)は232人なので、それを上回っている外国人応募者がいたのです。そのような中、シャーロット・ケイト・フォックスは主演の座を射止めたのです。

朝ドラ初外国人ヒロインってどんな人?
名前の英語表記:CHARLOTTE KATE FOX
生年月日:1985年8月14日生まれ(年齢28歳)
出身地:アメリカ合衆国ニューメキシコ州のサンタフェ
身長:167cm
Twitter:https://twitter.com/Charlotte_K_Fox

・学歴はサンタフェ大学の演劇ダンス専攻ででBFA(学士)を取得、そしてノーザンイリノイ大学で演劇専攻のMFA(修士)を修了

・両親はヒッピーで子供の頃はテレビのない生活を送っていた

・既婚者。「人生の大切な人がいます」と発言し結婚していることを告白

・アメリカでは「主に舞台を中心に活動しています。独立系映画やドラマなど出演作品がある…」と説明。ハリウッドやブロードウェー作品とは無縁だが、キャリアについての誇りを強く持っているらしい

・旦那をアメリカに残し来日、家族とはスカイプで連絡を取っている。日本語が全く話せないため、3月から東京に滞在し2カ月語学研修。ドラマは5月にクランクインする

 

夫をアメリカに残して、今月2日に単身来日した。家族とはスカイプで連絡をとっているらしく、12月頃まにでは家族を日本に呼んであげたいと話しているという。

 「マッサン」は、かの有名なニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝と、スコットランド出身の夫人をモデルにした物語です。スコットランド人の祖母を持つシャーロット・ケイトフォックスは、日本でのドラマ出演という挑戦について「アドベンチャー(冒険)。クレイジーかもしれないけれど、役者としての夢をかなえるため日本に来ました」と持ち前のさわやかな笑顔で語った。

 日本語が全く話せないため、現在も東京に滞在し2カ月語学研修。ドラマは5月にクランクインしているが継続して日本語の勉強も一生懸命やっているみたいです。
以前?現在もしれませんが、スピードラーニングたる速聴ソフトの日本語版でもやってみたらいいのに。。。
現在の花子とアンもおもしろいですが、「マッサン」でも応援したいですね~。

Sponsored Link

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ